#49(Rotterdam) one of favorite item ‘ singer sewing machine ‘ by ray

 

Hello this is Ray.

 

I’m writing to want to tell you we are particular about selection furniture and us theme “sustainable” , and I want to provide to you  rich life.

 

” Antique SINGER sewing machine “

 

 

In 1851 , America. This was born from 2 person that mr Singer and Edward who is lawyer in New York

 

They won numerous awards , developed manual machine at fist , work by the foot at the next.  They succeeded in expanding overseas such as Canada , Scotland.

 

And I like sounds that when to work by the hand and foot . It has a sound that is not present in sewing machine.

 

 

This is serial number , this is born 1914 in Scotland . You can see by looking at the lower part of the main body .

I was interested in the second hand or the products it has a history for a long time. Clothing as well.

 

 

 

We were making the set table , transform all sewing machine into it by ourselves.

 

 

We are appreciated by numerous customer but I did just see because I’m not good at DIY haha

 

 

 

I really like this space that be able to feel atmosphere that is antique .

 

As a staff that be particular about sustainability of Blatto , these are really important things.

 

 

please come to see and feel atmosphere. We are looking forward to meeting you then.

 

 

( make an appointment )

 

Instagram @ray_hairmake

( follow me )

 

3011PE Hoogstraat39A Rotterdam

( map )

 

 

Ray Kasahara

 

こんにちは、オランダはロッテルダムにある日系サロン、ブラットのRayです。

 

今回は‘サステナブル’にこだわってサロン作りをしている、そのアイテムについて紹介します^^

 

 

シンガーのアンティークミシン。なんか色合いと無骨だけどスタイリッシュなかんじがすごく好きなんです、詳しくはありません、それだけです笑

 

 

1851年にアメリカで生まれ、手動から足踏み式、自動へと変化させていきました。

 

手動と足踏み式はどことない今にはない音が出るので、ずっと鳴らせていられますね

 

 

本体の下の部分にシリアルナンバーが記載されていて、番号のちがいで、その国とその年代が分かります。

 

これは1914年にスコットランドで作られたみたいです。古着もそうですが、こういった歴史ある製品に興味があって、雑貨屋さんもいることが多いです。

 

 

ブラットではそれをセット面として施術するときに使い、気付いてくださる方も多いです。

 

 

まあ僕はネジを打ったり、そういったことは全くしていないんですが、見てるだけで満足しています。いいですね

 

 

 

是非そういったこだわりも兼ねて、ブラットに来てください。他にもいろいろあります。すこしづつ紹介していくのでブログも読んでください★

 

 

Thank you so  much

 

Ray Kasahara